2015年12月10日

「ありがとう」が病気を治すメカニズム



最近スピリチュアルな事に興味がありいろいろ学んでいますが、
やっと「ありがとう」が病気を治すという事が腑に落ちました。


説明がわかりにくく難しいかもしれませんが、
自分なりの解釈を書いてみますね。


ーーー


よく「思考が現実化する」と聞いたりしますし、
たくさんの本が出ていますが・・・


病気になりたいなんて1ミリも思っていないのに、
何で病気になるのよ〜〜〜〜



って思った事ありませんか(笑)


実は現実化しているのは「思考」ではなく「感じている事」なんですね。


よくあるのがお金についてで、
「お金が欲しい」とか「お金をたくさん持っている」
「お金がどんどんやってくる」というイメージトレーニングしてみたり。


でも、お金はやってきません。
普通にはやってきていますが、宝くじ当たるとかミラクルは起きないのね。


何故かと言うと、そういうイメージトレーニングをしているって事は
お金がもっと欲しいから=自分が思うようなお金を持っていない 
と思っているから。


そもそもお金持ちは、お金がどんどんやってくるって当たり前だと思っている。
お金がたくさんあるのが当たり前で、お金がないのは想像すらできないのね。


でも病気になった私たちは、病気が当たり前だと思っていないし
病気になるとは思っていなかったはず。


でも、病気になるような感情を感じているんです。


老後生きていけるのだろうか?
お金がなくなったらどうしよう・・・



などなど、何か未来に不安があったり、
今順調な現状にさえ


この良い状態はいつまで続くのだろう?
仕事がなくなったらどうしよう・・・



と思っていたりします。
きっと誰でも多かれ少なかれ不安に思っていたりするんですね。


でも不安に思っている状態を、自分の魂は「不安好きなんや〜」
って思うんだそうです(笑)


ちょっとスピリチュアルな話になりますが、
この世界は思うだけでは願いが叶わず、この先どうすれば最善なのかもわからず
魂の使命もわからず、手探りな状態でみんな生きています。


この先の人生すべてわかってしまったらおもしろくないから、
わざとわからない状態で生まれてきている。


そして、魂は人生に「摩擦」を求めているのだそうです。
特に何もなく平穏無事なドラマって見ていておもしろくないですよね〜


「摩擦」って、感情の起伏ですね。
ハラハラしたりドキドキしたりだけではなく、うれしかったり楽しかったり。


その感情をできるだけ味わうために、人は不安になる方向に
設定されているようです。


不安が大きければ大きいほど、
「自分、その感情好きなんや〜。もっと増やしてあげるわ」
って感じで、魂が願いを叶えてくれます(苦笑)


魂には良い悪い・幸せ不幸せを判断できません。
ジェットコースターって怖いけど楽しいですよね。


頭で願っていなくても、今思っている感情を願いだと思ってしまうんですね。


不安が好きなんやね。じゃあ病気ってどう?
って感じ。


病気になって結果的に人間的に成長できて良かった!
というドラマを求めての病気かもしれません。


ちなみに日頃の行いが悪かったから病気になった・・・とか
そういう事はないと思いますよ。


因果応報でやったことは返ってくると言われている通り、
自分の感情がそのまま現実となって返ってきます。


病気になって最悪、なんで私がこんな目に・・・意地でも病気を治してやる!
と思っていては病気は治りません。


病気になった自分に対して、


病気になるほど頑張った私っていい奴!
出血する事で身体の不調を知らせてくれてありがとう。



など、症状を受け入れて、できる限り感謝する事。
もしそう思えないとしたら、口にだして「ありがとう」と
たくさん唱える事。
※ただし愚痴を言ったらありがとうの効果は0になります。


薬を飲んでこの症状が楽になった。ありがたい。
症状は良くならないけど、今ご飯が食べられるだけでもありがたい。



という感じで、感謝できる部分に感情をフォーカスする事。


もし困った事やつらい事、泣きたくなる事があったとしても、
自分を否定しない事。


何が起こっても「それでもいいんだ」と思う事。


怒ったり困ったりおろおろしたり不安になっても頑張っている自分って
素晴らしいと思いませんか?


ホント偉いよ!


「ありがとう」って自分に言いたくなりませんか?


そして、その「ありがとう」の感情が現状を好転させるのです。


もし、今の現状が良くない状態だとしても、
家があるだけでもありがたい、家族が元気なのがありがたい、
感謝できる部分に感情をフォーカスするように・・・






posted by こあら at 22:17 | Comment(0) | 健康寿命を延ばす本当の要因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『愛』のない食べ物ばかり食べてると気が枯れることに気づいた。



食べ物について。


無農薬であるとか、添加物ができるだけ少なく安全、
栄養のあるもの、など、食べ物の機能にばかり目が行っていたけど、
実はそうじゃない、と最近感じています。


(以下下記ブログ記事より引用)
http://ameblo.jp/lftj/entry-12095281283.html


【『愛』のない食べ物ばかり食べてると
 気が枯れることに気づいた。】

日本に住んでる時は、
コンビニ弁当もお菓子も外食も多くて、
気づかなかったけど。

カナダは税金が14%、
外食するなら サービス料が15%加算で
外食する時は基本的に30%増しのうえ、
レストランの食事だけじゃなくて
スナック菓子とかスーパーのお惣菜とかも
私の口にあまり合わない
(まずいとは言わないが・・・
 私にはまずくても、違う人には美味しいとか
 あるもんね。
 味覚に絶対の物差しなし。)
ものが多いので、 結果、外食が減り、
スナック菓子を食べることも減り、
おうちで食べることが多くなった。

そうして半年間暮らした結果、
日本に帰ってきたら、
対面のリーディングの精度がめちゃ上がり、
エネルギーを感じ取る感度が上がり、
スピリチュアル的なアンテナが
より磨かれてることに気づいた。

そして、不思議なことに、
「愛」のエネルギーが込められてない食物を食べると
パワーが全然増さないことにも、
気がついた。

食べても力が出ない。
もっというと、力がそがれる。

そっか、食べ物って、
「気」を食べるっていう側面も あったんだなぁ。
栄養とか味だけじゃなくて。

コンビニ弁当とか 外食が続くと
元気がなくなるのは 添加物のせいかと思ってたけど、
それに込められた「愛」が
足りなかったから だったんだな。

三食しっかり愛情のこもった
手料理を食べてる人が元気なのは
添加物がないからじゃなくて
ちゃんと「気」を補給してたからなんだね。

すごーく納得したー。
もう愛のないものは食べられない体になったんだなぁ。
いや、食べられるけど、
愛のあるものを食べないと
元気にならない (元の気にならない)ことに気づいた。

穢れ(気涸れ)ってそんなことからも 起こるんだなぁ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ここまで)


例えば、


農薬たっぷりの野菜と、無農薬の野菜ではどちらの方が愛がある?


同じく添加物たっぷりの加工商品と、
できるだけ添加物を入れないように作った加工食品
どちらに愛があるだろう?


生産効率だけを考えて育てられた肉と、
食べる人の事を考えて育てられた肉
どちらがおいしい?


国産の野菜は、たとえ農薬たっぷりであっても、
外国産のものより愛がこもっていると思う。


美味しく食べてもらいたい、って思って作っている農家さんは
日本くらいなのだそう。


だから日本の食べ物はおいしいの。
たとえ添加物たっぷりでも、たぶん外国のものよりおいしいの。


工場で作られたとしても愛がこもっているんだと思う。
日本ってそういう国なんですよ。


でも、買ったものより誰かが自分のために作ってくれた食事の方が
愛がこもっているのね。


栄養が・・・とか、出来合いだし・・・と思わず、
たとえ買った食べ物であっても愛を込めて欲しい。


自分で「おいしくなぁれ」とか「みんな元気になぁれ」とか、
「身体に悪い成分は浄化〜」とか、思うだけでもいいの。


逆に家族に作って食べさせないと・・・って重荷になってしまうと
それが伝わって食べる家族も疲れてしまうよ〜。


ちょっとスピリチュアルだけど、
こういう事って結構大事だと感じています。


できれば記事全文読んでみてね。
http://ameblo.jp/lftj/entry-12095281283.html



posted by こあら at 21:13 | Comment(0) | 食品の安全・添加物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルツハイマー・クローン病にも医療大麻が劇的な効果を発揮



アルツハイマー・クローン病にも
医療大麻が劇的な効果を発揮



という事で、クローン病に効果があるって事は、
潰瘍性大腸炎にも効果があるはず・・・


(以下記事から引用)
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12092395841.html


研究:クローン病患者の45%がカンナビスの吸引によって
完全寛解(症状がすべて消失すること)に

Study: Smoking Cannnabis Causes Complete Remission of Crohn’s Disease in 45% of Patients

2014年10月
【AntiMedia】http://theantimedia.org/smoking-cannnabis-causes-complete-remission-crohns-disease-study-shows/ より翻訳



北米では約40〜60万人がクローン病で腸が炎症を起こした状態になっています。

消化器・肝臓の臨床治療に関するジャーナルに公開されたある研究では、
21名のクローン病患者を二つの集団に分け、
一つの集団にはカンノビノイド(大麻の有効成分)の含まれてないタバコが、
もう一つのグループには普通のジョイント(大麻を混ぜたタバコ)が渡されました。

ジョイントにはTHCが約23%、CBDが5%含まれていました。

ジョイントの渡された集団の被験者は、
8週間に渡り1日2本のジョイントを吸うことになっていましたが、
そのうちの45%の患者のクローン病が完全寛解したとのこと。

ジョイントを吸っても完全寛解しなかった被験者は11人いましたが、
その内6人は症状が半減したといい、
食事や睡眠がずっと楽になったということです。

これを臨床試験データとしては、
「カンナビスが投与された被験者は目立った副作用もなく、
食欲と睡眠の改善があったと報告している」としています。

クローン病へのカンナビス治療の効果を確認するために、
プラセボを対照とした臨床試験が行われたのはこれが初めてでした。
同臨床試験はイスラエルのMeir Medical Centerで行われたものです。

これまでも多くの人が知っていましたが、これは期待通りにカンナビスの
医学的価値をさらに証明するものとなりました。


(引用終了)


ちなみに、医療大麻が有効な病気のリストはこちら。
【THCは何の病気に効く??】医療大麻 早見表【拡散推奨】
「医療大麻」【大麻って病気に効くんですか?!】Medical Cannabis


ちなみに日本では大麻取締法にて禁止されています。
あくまでご参考まで〜




posted by こあら at 20:52 | Comment(0) | 医療大麻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする