2015年01月21日

ありがとうが病気を治す


内海医師のFacebookより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/754652321285190


(引用ここから)ーーーーー

癌にありがとうといえば癌は治っていく。
こう言うと、ほとんどのニンゲンから呆れた顔が返ってくるでしょう。
しかし医学的に言ってもそう間違いとは言い切れず、
個人レベルでいうなら何千という体験が存在します。

意識と体を分けてばかりでは病気は治ることなどありません。
笑いと感謝でNK細胞の増殖が促されるというのは聞いたことが
あるでしょうが、単にそれだけの問題ではなくさまざまな
ホルモンの働きが推測されています。
 
怒りはアドレナリンやドーパミンやコルチコイドが増えやすくなり、
それに応じて免疫も低下しかねません。
アドレナリンは血糖値を上げ血圧、脈拍も上昇、救急のときには
アドレナリンは必要ですが、慢性的に高いと体は悪くなるのです。

なので指導の時によく病気や症状に対して感謝しなさい、
あなたを良くするために働いてくれているのだから、伝えます。
癌にありがとうと言えと伝えるのです。
しかし、この時、一つのコツがあります。

このコツとは
ありがとうと感謝を述べる=ポジティブシンキングではない、
ということです。


これを多くの病者や家族などは理解できません。
つまり重要なことは「一度落ち切ること」であり、感謝など生じないほど
ネガティブになり、徹頭徹尾自分や家族が「己の愚かさを悟る」
ということにあります。

そこまでいって、愚かではないことを行動し愚かではない逆転した発想をもつことで、
初めてその感謝はすさまじいパワーを発揮し始めます。

「ありがとう」という感謝の言葉で、ガンが治るという奇跡的な生理現象は、
世界の医学界でも認知されています。心身一如という言葉は有名ですが、
厳密にいえば意識は肉体の上位層にあります。

ロンドン大学名誉教授のアイゼンク博士の研究では、
「性格によってガン死亡率に77倍も大差が生じる」、
「性格を変えたら、ガンは10分の1以下になる」とまで述べています。
キチ○イ医の性格が変わるかどうかはさっぱりわかりません♪。
 
ヨガの教え
――真理に生きるとは、まず「笑い」と「感謝」で生きることである――

ーーーーー(引用ここまで)




う〜ん・・・深いですね〜

病気が良くなった時に自分の健康に感謝、というのはわかります。
「身体さん、ありがとう!」って感じ。

あと、癌は自分の身体の状態を良くするために出てくるのもわかります。
(だから「癌さん、身体のために出てきてくれてありがとう」って感じ)
 ※潰瘍性大腸炎でも他の病気でも基本は同じでしょう

個人的な実感としては、身体と心は繋がっていて、
身体だけにアプローチしても効果が弱い

という事は感じています。

逆に心へのアプローチの方が重要かもしれません。

体調が悪くなると病院に行って、身体を見てもらい、
薬などで身体へのアプローチをします。

なぜ病気へなったのかへのアプローチはありませんし、
病院の先生に聞いてもわかりません。

普通は悪い箇所へアプローチするので、
原因は身体の別の場所にあったり、ましてや心の問題があるかも?
なんて思いもしません。

そんなわけで結局よくわからないんですけど、

ありがとうが病気を治す

んですよ。

科学的でなくても、よくわからなくても、
これを知っただけでも、病気が治る確率があがるような気がします。

ご参考まで★



posted by こあら at 15:05 | Comment(2) | 内海 聡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にそうなんですよね、心と身体ってつながっているのですよね。
私も強く実感します。

この病気をきっかけに、私の生き方が大きく変わりました、本当に大きく。
今の私は私でないような気もしますし、今まで私が夢に見ていた私のような気もしますし。
・・・まぁ、大した今ではないのですけどね(笑)。
今を気に入っています♪

「そんなわけで結局よくわからないんですけど、

ありがとうが病気を治すんですよ」

(笑)、本当にそうですね♪

楽しい記事でいつも本音のこあらさんを有難う御座います♪
これからも楽しみにしております。
Posted by ufufu♪ at 2015年03月26日 22:11
ufufu♪さま

病気をきっかけに生き方が大きく変わったとのコメント
ありがとうございます。
今を気に入っていますとの事で、コメント読ませていただきうれしくなりました。

私もだいぶ変わったと思います。
自分で感じる大きな変化は「自己責任」でしょうか。

健康になるためにやる事に自分が責任を持つ。
良くなっても悪くなっても、自分が選んだ事だから
誰のせいにもしませんし、なんで私が・・・とも思いません。

よくわからないけど、できる事をやるしかないんですよね。

正直なところ「ありがとう」って思えなかったですけど、
でも症状が出るから身体に負担がかかっている事がわかるし、
人の身体は完璧なんだと思います。

身体さんが症状を出してがんばっているんですよね。
本当に「ありがとう」です。

毎日がんばっている自分の身体に感謝の気持ちでいっぱいです。
病気にならないとこういう事はわからなかったと思います。
Posted by 管理人です at 2015年05月29日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: