2015年01月21日

キネシオロジーで治りますか?



キネシオロジーで治りますか?


先日内海聡さんの講演会でキネシオロジー実験をされていて、
キネシオロジーってすごい!と思ったのですが、
正直なところキネシオロジーで治るのかすごく気になりますよね(笑)


というわけで、
澤ひろゆきさんのブログ記事をご紹介させていただきますね。
http://ameblo.jp/kinesi-therapy/entry-11978606278.html


(引用ここから)−−−−−


●キネシオロジーで治りますか?

ご訪問ありがとうございます!
横浜 キネシオロジー スリーエイトの澤です。


僕たちセラピストは、治るという言葉を使うことは出来ません。


しかし、「私の症状はキネシオロジーで治りますか?」というご質問は、
よくご頂きます。



『正直なところは分かりません。』


と僕は答えます。



しかし僕自身、キネシオロジーセラピーと関わって4年ほど経ちますが、
それまでの間に不思議なことは沢山おこりました。


と、事実を元にお伝えします。



そんな中で得た、大切な教訓があります。


それは、体が良くなる原因は、症状や患部とは全く違ったところに
あるんだなということです。



もう少し詳しくご説明させていただくと

ご存知の方もたくさんいると思いますが、私たち人間には自然治癒力という
勝手に治っていく能力が備わっています。



しかし原因不明で治らない場合、何らかの影響で
その自然治癒力が発揮できなくなっていることがあります。


その理由は様々です。


身体の左右差なのか、過去のトラウマなのか、将来の不安なのか、
環境(電磁波)なのか、食生活か・・・、理由は人それぞれです。


何かのストレスが大きく関わっています。


ですから、○○の症状で困っていますとご相談頂いたのに、
全く違う過去の嫌な思い出を解消することで


不思議と良くなったということも、今では当たり前のようになってきました。



そんな時、いつも感じることは、人はその自分の中にある、
その全てが丸ごと繋がっているんだなぁと、深く感じ感心します。



今日食べたものが明日の身体になるように
昨日考えたことが今日の現実になるように


今の自分というのは、全ては何かの積み重ねであったり、
体験で成り立っています。


1つ1つの事柄は直接の関係性が無いように感じるかも知れませんが、
全てがその人の中で起きている反応であり結果です。


ストレスと症状の関係は、とても奥深いです。


それを本の世界や他人の話の中だけでなく、
実際のセラピーの中でリアルに体感しています。


時には奇跡のように感じます。

自分でも理解できないこともあります。



セラピーというのは目には見えない絆創膏(ばんそうこう)を貼るような行為であり
ストレスがかかっていた箇所をしっかり被ってあげることで、
自分で自分を治す自然治癒力を最大限発揮し、結果として良くなる。


これが1つの大切な流れだと感じます。



「私の症状はキネシオロジーで治りますか?」


そんな時、僕たちは直接的に患部の治療をすることが出来ないかもしれませんが、
だからこそ出来ることも沢山あると信じています。


病気や症状を治したり診るのが目的ではなく、その人や経てきた軌跡を観るということですね。




そんな僕のささやかな体験から、キネシオロジーしかりセラピーが
もっと伝わればいいなと思います^^


最後までお読み下さり有難うございました

横浜 キネシオロジー スリーエイトの澤でした。


ーーーーー(引用ここまで)



ちなみに私はキネオロジーの事、全く知りません(^^;)


でも、身体と心のチューニングのような感じなので?
身体だけのアプローチで改善しなかったことが
良くなる可能性があると思います。


とりあえず、もし気になるのなら体験してみてはいかがでしょうか(笑)


勝手に澤さんのブログ宣伝でした♪




posted by こあら at 15:55 | Comment(0) | キネシオロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする