2013年03月14日

潰瘍性大腸炎の漢方治療



「潰瘍性大腸炎 漢方治療」

でググるといろいろ出てきますが、
今日はいつもお世話になっている漢方薬局さんのHPを
紹介させていただきますね〜


私自身はこちらの漢方で潰瘍性大腸炎の治療?を受けた訳ではないので、
効果がある!とは言えないのですが・・・


子供の水イボでこちらの漢方薬局さんにお世話になり、
実際水イボもきれいに治りましたので、信頼できる漢方薬局だと思い
ご紹介させていただきます。


ちなみに水イボは皮膚科に行くと薬は出ず水イボをピンセットで
つぶすのですが、これが子供大泣き(^^;)
で、つぶしても治るわけではないんですよね・・・


で、漢方ですよ。
もしご興味あれば詳しくはこちらをどうぞ♪


さて本題の潰瘍性大腸炎の漢方治療についてですが、
百花園漢方薬局さんのページにリンク貼らせていただきますね。


(特集)潰瘍性大腸炎の漢方治療【百花園漢方薬局】



通販もされているようですので、もし興味ありましたら
電話相談してみるといいと思いますよ。


ご参考まで。
(もしここで漢方治療を受けられましたら、結果をコメント欄に
 シェアしていただけるとうれしいです)




あと、漢方じゃないですが、
東洋医学の「食医(食事で病気を治す医者)」が提案する
食事療法の本を見つけたのですが、何となく漢方に通じる所が
あるのかな〜と思います。


ガン、潰瘍性大腸炎、リウマチを治す「食事の8箇条」 (現代の「食医」が考案した有効率82.3%の新療法)
ガン、潰瘍性大腸炎、リウマチを治す「食事の8箇条」 (現代の「食医」が考案した有効率82.3%の新療法) [単行本(ソフトカバー)]









posted by こあら at 09:35 | Comment(0) | 漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

潰瘍性大腸炎治療の漢方、まだ飲んでいますか?


こんにちは。

潰瘍性大腸炎治療の漢方、まだ飲んでいますか?

というご質問をいただいたので、
回答をシェアさせていただきますね。


----------------------------------


漢方についてですが、6月初旬頃からずっと飲んでいません。

松本医院に通っていた時に漢方が処方されたので、
その時は飲んでいました。(約2ヶ月半)
http://kaiyoseidaichoen.seesaa.net/article/192007975.html

私の場合は下痢ってわけでもなかったので(微妙ですが・・・)
出血を抑える漢方を処方されていました。

下痢の場合は違う漢方が処方されるようです。
(いつも「下痢?」って聞かれてから処方されていましたので)

ちなみに効果は残念ながら感じませんでした。
(症状に全く変化なしでむしろジワジワ悪くなった感じです)

漢方は体質にあう合わないがあるようなので、
できれば個人の体質を見て(脈診など)処方できるような
本格的な漢方薬局?に行ったほうがいいかもしれません。

松本医院の場合は、症状を聞いて、脈診はせずに
(鍼灸の先生はしていましたが)漢方を処方されていたので、
西洋医学的な薬の出し方をされていたと今では感じます。

(以下略)

----------------------------------


西洋医学の普通の病院と、鍼灸などの東洋医学の病院の
大きな違いは「脈診」かなぁ?と感じています。


問診はどちらでもあるじゃないですか。
先生の聞き方の上手下手はあると思うんですけど・・・


でも普通の病院では「脈診」はしないですよね。
風邪で受診しても聴診器ですらあてない先生も多いですよ。
(まあ潰瘍性大腸炎は「大腸」だから聴診器あててもね・・・)


脈で体調がわかるなんて・・・まさに東洋の神秘(笑)


今通っている鍼灸院は毎回「脈診」されています。
しかも、治療前と治療後の2回(舌診も同じく)。


だから逆に毎回脈診していない所は、あんまり良くないかも?
と思ってしまいます・・・


実は以前別ブログで「潰瘍性大腸炎に鍼灸治療は効きませんよ」と
コメントをいただいたのですが・・・
http://blog.livedoor.jp/ka10935/archives/2816454.html


それも何となくわかるんですよ。


だって今の鍼灸院に通う前も、漢方と同時に鍼灸治療もずっと受けていたのに
効果を感じなかったので・・・


鍼灸治療って本当にいろいろあるようで、一概に鍼灸で治るとは
言えないです。


本当に鍼灸院による感じ・・・


漢方も同じで、私が飲んだ漢方は私には効果がなかったけど、
違う病院で違う漢方を処方されていたら効いたかもしれません。
(もしかすると同じ漢方でも違う人には効果があったかも)


だから、もしこのブログを読んでくださった方で、
漢方で効果があった方はコメント欄などで情報をシェア
させていただけるとうれしいです。


コメントお待ちしています♪


みんなで情報シェアして、潰瘍性大腸炎治しましょう!



posted by こあら at 16:49 | Comment(2) | 漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

セイタイン(青黛)の飲み方

誠心生薬堂さんで購入したセイタインの飲み方、
こちら↓のブログの飲み方でお試ししようと思っています。


飲み方を転載させていただきますね。



潰瘍性大腸炎を「青黛」で緩解!
http://daichoen.blog.shinobi.jp/

【私が最も良いと考える青黛の服用方法】
今までの私の服用経過や頂いたコメント、
広島クリニック観音(今はスカイクリニックに移管)で
処方される漢方薬についての情報等を元に、
私が始めて青黛を服用するなら、という条件でまとめてみました。

あくまでも個人的な意見です。効果を保証したり、
副作用について責任を負うものではありません。



●服用回数 :1日2回 (最初は就寝前1回で始める方が良さそう)

●服用タイミング :朝食前&就寝前

●用量 :1回あたり0.5g(小さなティースプーン1/4程度)

●飲み方 :水を口に含み、青黛を口に入れ、一気に流し込む

●服用計画 :飲み始め2週間程度は上記方法で、効果が無い場合は副作用 などの問題が無ければ、1日2回、1回あたり最大1gまで増量

●効果 :私の場合は1週間で下血が止まり、2週間程度で完全緩解。コメント頂いた9割以上にかなりの効果があったようです。

●副作用 :私の場合は便秘とそれによるお腹の鈍痛のみでした。コメントを頂いた中には頭痛や発熱というものがありました。草はみさんの情報では肝臓の数値が悪化する事があるらしいです。定期的に医師の診断や血液検査を受ける方がベターだと思います。

●購入先 :今のところ私が購入した誠心生薬堂さんが一番安いはず。

●注意事項 :あくまでも青黛は生薬(医薬品等の認可が無い為、食品になります。潰瘍性大腸炎に対する使用は私を含め、誰も保証してくれません。使用については自己責任でご使用下さい。

・誠心生薬堂さん
http://seishinshoyakudo.ocnk.net/





この方法で一番どうしよう・・・って思ったのが、0.5gの計り方。


計り方を調べてみると、

・まず小さじ1のgを図って、その1/2とか1/4という感じのようです。


正確に計りたい場合は、0.5g単位で計れるキッチンスケールを買うと
確実だと思います。


これ↓なんか外出先でも使えて良さそうです。


デジタルポケットスケール
デジタルポケットスケール


お値段も思ったよりも安くて、送料込1,250円です★





posted by こあら at 22:23 | Comment(0) | 漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潰瘍性大腸炎を「青黛」で緩解!



潰瘍性大腸炎のことを調べて見つけたのがこちらのブログ



・潰瘍性大腸炎を「青黛」で緩解!
http://daichoen.blog.shinobi.jp/


誠心生薬堂さんが販売されている生薬(セイタイン)で、
症状が良くなったそうです。


・誠心生薬堂さん
http://seishinshoyakudo.ocnk.net/


さっそく注文したのですが、副作用もあるようなので
なかなか試す勇気がありませんが・・・
※本来なら漢方を処方する医院で受診してから
 服用するものですので。



もともと青黛を試してみた草はみさんは、
広島のスカイクリニックか東京の昌平クリニックへ受診を
薦められています。

・草はみの潰瘍性大腸炎・クローン病最新情報
http://ibdhotnews.exblog.jp/

・スカイクリニック
http://www7b.biglobe.ne.jp/~sky-clinic/index.html

・昌平クリニック
http://shohei-clinic.com/




「漢方 潰瘍性大腸炎 地名」で検索すると、
いろんな病院がでてきますが、漢方のクリニックは保険がきかないため
少なくとも月3〜4万は余裕でかかりそうな感じです。

※例:初診5,000円 再診1,000円 薬代1日1,000円



漢方と言っても、値段が高いだけで効果はイマイチ・・・
という儲け主義なところもあるようなので、
ちょっと敷居が高いです。



病院の先生に漢方飲みたいって言っても否定されそうだし、
悩ましいですね。



posted by こあら at 01:22 | Comment(0) | 漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする