2011年03月02日

コーヒーエネマでクローン病が改善

新谷 弘実さんの病気にならない生き方 2 実践編に、
「ゲルソン療法」の「コーヒー・エネマ」が腸を良くするのに良いと
紹介されていました。


コーヒー・エネマは、コーヒーを肛門から入れて大腸の下部(左側)を
きれいにするもので、一番悪玉菌が溜まりやすいところをきれいに
することで、体がデトックスされエンザイム(酵素)の節約にもなり
全身の状態が良くなるそうです。



アメリカではガンの補助治療法として一般的にも利用されているそうです。


「コーヒー・エネマ」は、

・便秘で苦しんでいる方
・ガスのにおいが気になる方
・ひんぱんに下痢を起こす方

におすすめだそうです。



詳しい効用などはこの本に載っています★

病気にならない生き方 2 実践編 [単行本] / 新谷 弘実 (著); サンマーク (刊)
病気にならない生き方 2 実践編 [単行本] / 新谷 弘実 (著); サンマーク (刊)



薬を入れるのではなくデトックスっていうのがいいんじゃないかと思い、
潰瘍性大腸炎の方で「コーヒー・エネマ」をされている方がいないかと
検索してみたのですが見つけられず・・・


でも「クローン病が改善した」という記述を見つけたので、
転載しておきますね。


元記事は下記ブログのコメント欄です
http://plaza.rakuten.co.jp/marron382/diary/200903050000/




Re:私も「生玄米ヨーグルト」(03/05) beneさん

はじめまして!
 私は2年以上・・・多分3年は使用しています。初めの頃は1日おきでしたが、ここのところは毎朝です。

 実は家族にクローン病(潰瘍性大腸炎より重篤)を発症した者がおり、マクロビ、玄米菜食、生ジュース療法、などあれこれ手を尽くしてたどり着いたのが「ゲルソン療法」でのコーヒーエネマです。これのおかげで本人はステロイド、痔ろうから劇的に解放されました。
 私はもともと父親譲りの体質で便秘症(3〜4日に1回)だったので、便秘薬から脱したくて使用しています。
本当は自然な排便が良いのだけれど、朝にスイマグを服用するとナゼか下痢ってしまうのでいろいろ試行錯誤しています。
 これまでの経験からすると、まず、大腸の掃除をある程度してからのほうが、体質改善が進みます。毎日でなくとも、期間を決めて行われるとより一層の体内浄化が進むと思います。(2009年03月14日 17時15分18秒)





これは期待できそうな感じですよね!
(ただし体質により合う合わないはあるようです)



商品はいろいろあるんですけど、動画があったので載せておきますね。



お値段は器具が一式セットになっていて約7,000円弱です。






posted by こあら at 12:10 | Comment(0) | コーヒーエネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする